オフシーズンのプール施設がトラウト管理釣り場になるのでオススメ | オヤジのフィッシングライフ

オフシーズンのプール施設がトラウト管理釣り場になるのでオススメ

秋~冬にかけての淡水のルアーフィッシングの王道と言えばトラウトフィッシングです。

しかし、トラウトの管理釣り場は人里離れた場所にあったり、渓流釣り場はそれなりの装備が必要だったり、車を持っていないとなかなか敷居が高い印象があるのも事実です。

いきなり遠くに行ったり本格的なのはちょっと抵抗がある初心者やファミリーにオススメなのが、首都圏のプール施設の管理釣り場です。

都内にある遊園地、としまえんや西武園などは夏の間は流れるプールやウォータースライダーなど大賑わいですが、初秋~GW前までは水温が低くなるのでプールとしては使えなくなります。

そこでその期間中にプールにトラウトを放流して管理釣り場として利用しているわけです。

普段は賑やかな遊園地のプールが静かな雰囲気になって、人間用のプールにトラウトがたくさん泳いでいる様は釣りをしないと経験できない不思議な光景です。

遊園地なので交通の便がよく、車が無くてもアクセスしやすいこと、プールなので水底の石や水中に障害物がなく根掛かりの心配がないこと、足場が良いので普段着でも釣りが楽しめること、子供にも安全なことなどいいこと尽くめです。

他にも、埼玉県の4つの水上公園でもプールのオフシーズンに同じような気軽なスタイルの管理釣り場を開催しています。

半日あれば楽しめるし、レンタルタックルや釣具売り場も充実しているので、ちょっとプール施設の管理釣り場でトラウトルアーフィッシングに挑戦してみて、興味がわいたら郊外の管理釣り場や渓流に繰り出してみてはいかがでしょうか。