真夏のヒラメ、マゴチフィッシング | オヤジのフィッシングライフ

真夏のヒラメ、マゴチフィッシング

真夏になり、釣れる魚種が少なくなっていく中、最盛期を迎えるのがマゴチとヒラメです。
2魚種共にサーフ地帯の海底に生息しているので、同じルアーで釣る事が可能です。

では、どのようなサーフに生息しているか…ですが、砂利質のサーフを探す事が秘訣です。
サーフには離岸流という、打ち寄せる波と波の間に出来た砂の突起地帯があり、更に砂利質なフィールドであれば確実にヒラメとマゴチが生息しています。

狙う時間帯は朝、夕まづめが中心となりますが、日中でも狙えなくはないので朝から夕方までがフィッシングタイムとなります。
使用するルアーはミノーかメタルジグで、少々深めに潜るタイプのルアーを選択するのがいいと思います。
あと最近は軽量なマイクロジグもかなりお勧めです。

サーフは手前に来る程に浅くなる坂道の様な形状をしているので、深く潜り過ぎるルアーを使うと手前で海底をガツガツ突いてしまい、使い勝手が悪い上に釣果が落ちます。
水面より4~50cm程度潜るミノーが使い勝手が良く、手返しも早いので釣果に繋がります。

釣り方はただ巻きで構いませんが、ラインに必ずテンションがかかるスピードをキープします。
何故かと言うと、ルアーを巻いている最中に後ろから波がやって来るので、どうしてもテンションキープが難しくなりヒットの瞬間を逃しがちになります。

波がルアーを流して、テンションが緩んだらリールを早く巻き、落ち着いたらゆっくり巻く、これを繰り返すことがヒラメ釣りの釣果アップに繋がります