探り釣りのコツ(アイナメブラクリ編) | オヤジのフィッシングライフ

探り釣りのコツ(アイナメブラクリ編)

探り釣り=テトラ釣りであります。

アイナメの探り釣りはメバルやカサゴの釣りとは少し違います。

アイナメは赤色に鋭い反応を示します。市販のブラクリ仕掛けはまさにアイナメの為にあるようなものです。遠慮なく使いましょう。

アイナメのブラクリ釣りは実に単純です。1.5号のハリスで浮きとか重りとか関係なく、ただブラクリ仕掛けのみをつければすぐに釣ることができます。

竿はテトラ用の竿もよいですが、クロダイ用の竿でも構いません。ですがあまりに長い竿ですとフットワークが悪くなります。テトラ釣りは歩く釣り(渓流と同じ)ですので動きやすい短い竿がお勧めです。

エサはエビもよいですが、ゴカイの方が個人的にはおすすめです。理由は後述いたします。

アイナメは中層にいることはめったにありません。最底辺にてまったりとしているお魚ですので躊躇なくそこまで落としましょう。

底に着いたら10秒ごとに1回しゃくりあげましょう。というのも、アイナメは水面から落ちてくる餌に反応しやすい魚なのです。

水面から底に落ちてくる生きたエビはいませんよね?つまり先ほどゴカイをお勧めするといった理由は、落ちてくるもしくは流されてくるムシ類を好んで食いつくアイナメの性質から考察されたロジックです!(持論)

アイナメは警戒心が強くありませんので、もしばらしてしまってもまた食いついてくる可能性があります。

大物をばらしてもしばらくはそこで釣りを続けてもよいかもしれませんね。

以上がアイナメブラクリ釣りでした!