ハゼ釣りの仕方について(愛知、三重) | オヤジのフィッシングライフ

ハゼ釣りの仕方について(愛知、三重)

東海地区でもっとも確実に釣れる魚=ハゼだと思っております。

今回はそんなハゼ釣りの釣り方を紹介します。

釣り方はミャク釣り、浮き釣り、投げ釣りです。

初夏のハゼは水深50㎝ぐらいの河口(もはや水たまりぐらい)にもいますので、渓流竿での浮き釣りかミャク釣りが基本です。

・ミャク釣りと浮き釣りの仕掛け

竿は4.5~5.5mでよいでしょう。硬い竿ではなく柔らかめの竿の方が楽しめます。

子供は3~4mの竿の方が疲れにくいと思いますのでそちらをお勧めします。

仕掛けですが、市販のハゼ釣り仕掛けセットを私は使いますね。

エサはイソメとゴカイを使用します。エサは一匹付けではなく千切って使いましょう。

晩秋では河口にハゼが見られなくなってきます。サイズも10cmオーバーが増えてきますので数は釣れませんが引き味はなかなかです。

そのようなときは投げ釣りをお勧めします。

・投げ釣り仕掛け

竿は1.5m~3mぐらいのルアーロッドorボートロッドがおすすめです。

リールは付属の安物リールでかまいません。重りは負荷10号程、天秤はハゼ用、仕掛けは市販のハゼ仕掛けでよいでしょう。

エサはイソメとゴカイです。夏の時よりは大きめにつけるのが吉です。

ハゼのあたりは最初にコツコツときますがそこで合わせるのではなく、次のブルブルした感触で合わせるのが基本です。

ちなみにブルブルした感触のあとしばらくするとゆっくりと先が動いていきますが80%ハリが飲まれています。

ハリを飲みやすい魚ですので置き竿釣りはお勧めできませんね。シロギスと同じように釣ろうとするとハリ外しで半日過ぎてしまいますのでご注意を!