東京湾から出る船釣り | オヤジのフィッシングライフ

東京湾から出る船釣り

私は自身が所属する会社の部活動で、冬場を除いて年に3回か4回、東京湾で船釣りに出かけます。

主に大井町にある船宿か鶴見にある船宿、或いは羽田沖にある船宿から出船するのですが、時期によって釣り物が様々。

シロギス、アジ・サバやカサゴ・メバル、ショウサイフグ、あるいは墨イカやタコといった、あまり東京湾とは一般市民の目線からすると馴染みのないものまで様々です。

東京湾はあまり綺麗なイメージがないという人が多いかと思いますが、実は魚種に恵まれ海もキレイで釣った魚も非常に美味です。

小ぶりですが食味は繊細で焼いて良し、刺身にして良し、煮て良しの十分に夕飯の主役級になれる魚達ばかりです。

私は太刀魚釣りが一番のお気に入りで、釣ったときの引き具合や満足感、そして調理する際の調理のしやすさや、太刀魚本来の淡白な味は他の魚の追従を許さないほどの美味です。

また、東京湾は外房と違って凪な状況が多く、初心者や小さな子供を連れた釣行楽にも非常にお勧めです。

デメリットを挙げるならば、男のロマンを追えないこと、つまり大物が釣れないことぐらいです。

ヒラマサ級、マダイ級の大物は滅多に東京湾内では釣りあげることができません。

ただ、釣って良し、食べて良しの行楽、そして手軽な釣りを楽しみたいなら東京湾での船釣りがお勧めです。