ラジコンのような釣りで鮎の友釣りが大好きです。 | オヤジのフィッシングライフ

ラジコンのような釣りで鮎の友釣りが大好きです。

今まで経験してきた魚釣りの中で最も気に入っているのは鮎の友釣りです。

何が面白いのかと問われるとなかなか一言で表すのは難しいのですが、大きな川でゆったりと釣ったり、流れの急な所で流れと戦いながら釣ったり、そのシチュエーションも含めて楽しいのかもしれません。

そもそも釣りは同じ場所だったとしても二度と同じ環境、同じ状況での釣りはあり得ません。

川の場合も同様で日々流れや水の量、水温などあらゆる事が変わります。又、鮎のいる場所もその時によって違います。

多分釣りの醍醐味はじっと同じ場所で待つスタイルの物もありますが、獲物のいる場所を色々と想像しながら探って行くプロセスが楽しいんだと思っています。

そしてその中でも鮎の友釣りは、その獲物がいるであろう場所に生きている鮎を操って誘導して行くという難しさがあります。

普通の餌なら狙った場所に投げ込む事は慣れれば比較的容易かも知れませんが、友釣りの場合は餌自体が生きていますのでそれをコントロールする楽しみがあります。

そして獲物が体当たりしてくる瞬間の引きは半端ではありません。

それを繊細な竿捌きで獲物ごと宙に浮かしタモにスパッと入れる瞬間は至福の時間です。

そして、その後は感謝しつつ苔の香りを感じながら美味しく頂くのが楽しみです。