ブラックバス釣りは手軽にできて楽しいです | オヤジのフィッシングライフ

ブラックバス釣りは手軽にできて楽しいです

ルアー釣りをやるようになったのは、父に誘われたのがきっかけです。

父は色々な釣りをしますが、特にブラックバスをよく狙います。

ブラックバスは雑食性で、小魚の他にもザリガニやカエルなどを食べます。ですから釣り上げても食べる事はないです。

ブラックバスは湖や野池などに生息し、水草や杭などの障害物を好んで身を潜めています。

ルアー釣りは自分から攻める釣りです。ルアーにアクションをつけて魚を誘惑します。荷物が少なくて済むのも魅力です。

ルアーの種類は豊富にあります。

選び方のポイントは、表層、中層、底を意識して3種類のルアーを用意すると良いでしょう。

表層はミノ―、中層はクランク、底はソルトルアーを使います。

釣り方は、表層から底へと深く狙っていきます。

活性の高い魚は表層にいる事があるので、いきなり底から狙うと魚を散らしてしまいます。

私はソルトルアーが好きです。柔らかいプラスチックや食物繊維でできたルアーです。

動きが自然でしなやかに動くので、アピール力は高いです。

底を狙っていると根係りが多いので予備は持って行くようにしています。

水中をイメージして釣った魚は、サイズに関係なく嬉しいものです。

釣り場は身近に沢山あるのでおすすめの釣りです。